Category : 肥満が引き起こす災難

何より辛い、「非モテ」地獄

肥満体型のために起こるもっとも悲しい害は、「非モテ」ではないでしょうか? 日本は飽食の国ですが、アメリカなどと違って全体的に細身で、特に若い人を中心にすらっとした体型の人が多めです。もちろん40代・50代を迎えても、太っていいと言うわけではありません。「異性の注目」の中で人生を過ごしたいならば、ダイエットが必須です。

参考サイト⇒ デブ(肥満体型)が×モテない理由ってなんですか?(泣)。【@nifty 恋愛結婚】

なぜ「非モテ」が起こるのか

太い人には誰もがあまり良い印象を持たないでしょう。少なからず、「不潔な人だな」と思うのではないでしょうか。また、「不潔な人」は、さらに見る者の中で具体的な想像を働かせます。「部屋も汚そう」「時間にもルーズそう」、そんな風に思われてしまいます。

女性にすれば、パートナー選びはとても肝心です。すべての女性の中には、強いオスを選んで種を残そうとする本能があります。実際、肥満した人は社会的に不利な立場に追いやられることも多く、早死にすることも少なくありません。そういった人と男女の仲になろうと思えないのは、「人間の内側の仕組み」からして、当然とも言えるでしょう。

そして「非モテ」が招く弊害

男性も女性も、異性からあまりに相手にされないと、心が荒むものです。どんどん自分に対して無頓着になり、「非モテ」すら気にしなくなります。自然と態度や身なりもルーズになれば、やがて周囲の人のすべてから、本格的に悪印象を持たれるでしょう。最悪、仕事の面でも差別を受け、陰湿な「いじめ」を受ける可能性もあります。

また、性欲を解消しにくいのも苦しいところ。特に男性にとっては、愛する異性との交接の中でたった数ミリリットルの精液を出すことが、非常に切実な問題となります。性欲を晴らせないまま鬱積させて、反社会的な暴走に出てしまう男たちも少なくありません。

社会には、まれに太い人たちを好む「デブ専」もいます。そういう意味では徹底的な「非モテ」はありえないかもしれませんが、もちろん「デブ」の中でも選別は行われるでしょう。「性格がいい」「金を持っている」、そんな条件を満たす「デブ」が、先に売れていきます。「デブ専」との接触に期待せず、自力で痩せて、異性との交流をゲットしましょう。

Recommend