Category : クリニックで痩せる!

クリニックで買える「痩せ薬」とは?

肥満に悩む人にとって気になるのが、飲むだけで痩せられる薬です。「そんな夢のような薬が本当にあるの?」と思われるかもしれませんが、美容外科では実際に処方を受けることができます。

食欲を抑えて体重を減らす「サノレックス」

美容外科で処方されるダイエット用の薬は、もちろん安全性の高いものです。中でも厚生労働省の承認を受けている薬に、食欲抑制剤の「サノレックス」があります。

サノレックスの主成分「マジンドール」には、脳の食欲中枢に働きかけて、食欲を抑える作用があります。さらに新陳代謝を活発にさせる効果もありますので、自然とエネルギーを消費しやすくなります。

いわゆる「痩せ薬」とは異なりますが、食欲のコントロールによって、ダイエットを計画的にすすめるためのサポートをしてくれる薬といえるでしょう。 ちなみにBMIが35以上など、中度以上の肥満の人には、保険が適用されることもあります(それ以外の人は全額自己負担です)。

副作用としては、口の渇きや便秘のほか、服用開始からしばらくは吐き気や倦怠感などが表れることがあります。またサノレックスには多少の依存性があるため、服用は3カ月までが基本となっています。

脂肪の吸収をブロックする「ゼニカル」

サノレックスと並んで広く処方されているのが、「ゼニカル(主成分:オルリスタット)」という薬です。こちらは食欲を抑制するのではなく、食べ物から摂取した脂肪が吸収されないように阻害するための薬になります。

通常、脂肪は「リパーゼ」という酵素で分解されて、体内にとり入れられます。そこでゼニカルを食事とともに服用すると、リパーゼの働きを抑え、脂肪の取り込みをストップすることができるのです。 吸収されなかった脂肪はそのまま便として排出されることになります。

ただしすべての脂肪分をブロックできるわけではなく、食事に含まれる脂肪のうち約3割に対して有効だとされています。これだけでも、普通に食べるより脂肪を吸収しにくくなるでしょう。

ゼニカルは厚生労働省の承認は受けていませんが、肥満の治療薬としてアメリカのFDAの認可を受けており、世界各国で活用されています。ただしネット上の個人輸入には、偽造品のリスクもありますので、必ず医師の処方を受けて購入することが大切です。 厚生労働省のHPでも、ゼニカルの個人輸入に対して注意が呼びかけられています。

国内未認可の薬のため、購入には健康保険が適用されません。料金はクリニックによって差がありますが、1ヶ月分で約2万円が相場のようです。 ゼニカルの副作用としては、便意や放屁、腹部膨満感などが挙げられますが、多くは使用するうちに改善されるといわれています。

このように美容外科では、ダイエットをサポートしてくれる薬の処方を受けることができますので、気になる人は一度相談してみましょう。一方、ネット上で販売されている「痩せ薬」には死亡事故に至った危険なものもありますから、手を出してはいけません。

Recommend