Category : 肥満が引き起こす災難

胃液がこみ上げてくる「逆流性食道炎」

通常は逆流してくることのない胃酸が、何らかの原因で食道のほうに上がってきてしまい、胸やけやゲップ、のどの痛みなどを引き起こすのが「逆流性食道炎」です。

動物性脂肪を多く食べるようになったことで、近年日本人にも増えている病気ですが、特に肥満の人はリスクが高いとされています。

逆流性食道炎と肥満の関係

私たちの胃の入り口(噴門)には「下部食道括約筋」があり、胃に入った食べ物や、消化に使われる胃液などが逆流してこないように弁の役割をしています。しかしこれが何らかの原因でゆるんでしまうと、逆流性食道炎になります。

原因としては加齢やストレス、猫背などの悪い姿勢のほか、肥満も挙げられます。特にメタボ体型の人はおなかに脂肪がたくさんついているため、その分、腹圧が高くなって胃を圧迫しやすいからです。 同じ意味でベルトも良くないとされています。

また胃酸は、脂肪分や糖分を消化する際に多く分泌されますので、脂っこいものや甘いものが好きな人も要注意です。肥満の人はこれらの食べ物を好みやすいため、色々な意味で逆流性食道炎になりやすいと考えられます。

逆流性食道炎は、治りにくい病気

逆流性食道炎は、一度かかるとなかなか完治しにくいことで知られています。食事をするたびに胸やけに悩まされるようになりますし、口の中に酸っぱい胃酸がこみ上げてきたり(呑酸)、胃酸で喉がただれてヒリヒリ痛んだりします。 とにかくQOL(生活の質)が大きく低下してしまう、やっかいな病気です。

治療としては胃酸の分泌を抑える薬の内服が中心になります。しかし逆流性食道炎を根本から治すためには、薬だけでは不十分です。 肥満体型の人は減量する、脂っこいものが好きな人はなるべく控えて消化にいいものを食べる、また食後すぐに横にならない、などの注意が必要です。

肥満の人は、胃が横隔膜からはみ出しやすい!?

逆流性食道炎は、「食道穿孔ヘルニア」という症状のある人もかかりやすいといわれています。食道穿孔ヘルニアもまた、肥満の人のリスクが高い病気です。 私たちの体を胸部と腹部に分けるのは「横隔膜」という組織ですが、横隔膜には大動脈や大静脈、食道などが突き抜けるような形で通っています。このうち食道が通るための穴が「食道穿孔」です。

しかし食道穿孔から、まれに胃の一部が上のほうに脱出してしまうことがあります。これが食道穿孔ヘルニアです。つまり腹部にあるはずの胃が、横隔膜を突き抜けて胸部にはみ出してしまっている状態になります。

食道穿孔には、食道を締めつけて、胃に入ったものが上にあがってこないようにする働きもあります。しかし食道穿孔ヘルニアになると、この締めつけが弱くなるため、逆流性食道炎を起こしやすくなるのです。

特に肥満体型の人や、喘息発作のある人など、腹圧が高くなりやすい人は食道穿孔ヘルニアのリスクが上がります。ですからあらゆる意味で、肥満は胃液の逆流を起こしやすいといえるでしょう。 逆流性食道炎は非常に不快な病気ですので、思い当たる人はぜひ減量にチャレンジしてみてください。

Recommend