Category : スリム体型で人生を豊かに

痩せたい理由

いつまでもスリムな体形でいれたら、どんなにいいでしょう。歳を重ねると、様々な要素が重なることで体重は増え、10~20代で痩せていたとしても、過去の栄光は決して戻らない…のが現実。手っ取り早く自分流のダイエットをするのは簡単ですが、もう一度「痩せたい理由」に立ち返って、正しいダイエットとは何なのか、考えてみませんか?

ダイエットとは何か…

そもそもダイエットとは、体重を落とすことが目的ではなく、健康になることが一番にあります。食事療法であるべき姿になり、その結果、余分な体脂肪が落ちていれば、それは紛れもない成功です!一見すると、体重が落ちれば「成功」と、単純に完結しがちですが、実際に体の脂肪が減っていると確認できなければ、リバウンドのリスクが潜んでいるというわけです。

流行りのダイエットの効果が高いと聞いて、すぐに試したくなる気持ちはよく分かりますが、そのダイエットを実践しているタレントが、その方法だけで痩せたのかどうかは、分かりませんよね。体重が減ることは、単なる結果であり、ダイエットの成功とは関係ないのです。ダイエットの意味を正しく理解することで、おのずと自分にとって、正しい方法を選択することができるのでしょう。

ダイエット成功のカギは?

ダイエット成功のためには、それなりの覚悟が必要です。しかし、この「覚悟」こそ、実はストレス。鉄の鎧で自分を固めるより、まずは楽しさを追求してみましょう。

そんな時に有効なのは「準備」です。忙しい日常に追われて、ダイエットのことを考える暇がなく終わっては、いつまで経っても、ダイエットをスタートできません。まず、運動を始めるための商品を買ってみるは有効的です。部屋の目につく場所に置けば、「やってみよう!」と思えるはず。お金を払った責任感からも、行動を起こしやすくなります。

次に、高すぎない目標設定です。いざ、1カ月で8キロ痩せるぞ!と思っても、それは単に、自分にプレッシャーをかけているだけで、ダイエットは辛い…という考えが植え付けられて意欲が減退するばかり。やる気が起きないだけでなく、二度とダイエットをしたくないと思うかもしれません。目標は、達成できる数字を掲げ、続けることに焦点を当てましょう。継続することで、体調がよくなったと自覚できるなら、それは正しいダイエットなのです。

ダイエットのゴールは?

ダイエットの語源は、英語の「diet」に由来します。「diet」とは、「生活様式」を表すギリシャ語の「diata」から、「日常的な食べ物」という意味に転じたと言われる言葉です。そこから、「代謝異常」「肥満」に対しての「食事療法」「治療法」といった意味を持ちます。

しかし、今の日本では「食事療法」という本来の意味は忘れられ、ダイエットは「減量」・「痩身」といった意味に使われます。そもそも、ダイエットは食事療法であったはずが、体重を減らすことだけがクローズアップされています。リバウンドを繰り返してしまう人が増えた理由は、日本人が言葉の持つ正しい意味をはき違えたから……と、言えるかもしれませんね。

ダイエットにゴールはありません。生きている以上「diet」は続きます。つまり「食事療法」を続けて、健康になろうとする考えからすると、ダイエットは続けるべき『人生の課題』なんですね。

Recommend