Category : 肥満が引き起こす災難

好きなファッションが楽しめないという弊害

「太ってから、急にオシャレに興味を失ってしまった…」という人は非常に多いものです。どんなに魅力的なお洋服を見ても、自分の体型を考えるととても手を出す気になれず、いつもワンパターンの格好をしてしまったりします。これも肥満の大きな弊害の1つです。

太っていると、本当に好きなファッションに挑戦しにくくなる!?

太っている人は絶対にオシャレを楽しめない、というわけではないのですが、心理的に楽しみにくくなってしまうのは本当です。それは服を選ぶための基準が「好きかどうか」ではなく、「着られるかどうか」「体型を隠せるかどうか」になってしまうからです。

その結果、女性ならお腹の隠れるストンとしたワンピースばかり選んでしまうこともあります。普通のスカートはサイズが合わなかったり、ベルトなどでウエストが強調されたりするからです。また二の腕の出るノースリーブの服など論外ですし、最近はやりのスキニーなパンツなどもとても怖くて履けない人が多いでしょう。

男性も太っていると、女性ほどの選択肢はないにしても、あまりオシャレを考えず適当に着てしまうことが多いのではないでしょうか?「どうせ俺なんかオシャレをしても…」というネガティブな気持ちになってしまうからです。

これほど色々なファッションがあふれ返っている今、それを楽しめないというだけでも、肥満は十分な問題です。「あれはおなかが目立ちそうだからダメ」「ウエストのお肉がはみ出しそうだからパス」「脚の太さが目立つからこのパンツはNG」というように、どんどん選択肢が狭まってしまい、思うようにオシャレを楽しめなくなってしまうのは、非常にもったいないといえるでしょう。

オシャレは、相手にいい印象や清潔感を与えるもの

もともと痩せ型の多かった日本でも、最近では大きなサイズのお洋服が色々と売り出されるようになってきました。そのための専門のお店もありますし、特に若い女性をターゲットにしたお店にはデザインも可愛いお洋服がたくさん並んでいます。

そこで気兼ねなく好きな服を買って楽しめる人はまだいいのですが、中には「そこまでしなくてもいい…」と、決して足を踏み入れない人たちもいるのです。 そういう人は、好きな服を着こなせるようになるためにダイエットに励んだほうがいいでしょう。

またオシャレとは、単なる見た目の問題だけではありません。自分を着飾るということは、相手への思いやりであり、身だしなみや清潔感にも気を配れるようになる、ということなのです。

よく「太っている人は不潔」という悪いイメージがあるものですが、これは体型そのものが問題なのではなく、むしろオシャレに興味が薄いことと深く関係しています。自分を良く見せようという意識がないと、どうしても全体的にだらしなくなってしまうからです。 自分がオシャレを楽しむことは、相手にもいい印象を与えることにつながる…そのためにも、自信を持てるような体型を維持することは非常に大切なのです。

Recommend