Category : 食欲に負けるな!

炭水化物は「減らす」のがコツ

炭水化物は、脂肪に直結してきます。ご飯や麺類を思うままに貪っていると、みるみる太っていくことでしょう。逆に言えば、炭水化物さえ減らすことができれば、 肥満を予防・解消することが可能です。うまくこの大敵と戦って、スリムな体型に変身しましょう。

炭水化物ってなあに?

まずは敵を知ることから始めていきましょう。炭水化物とは、「糖質」と「食物繊維」の総称。人体のエネルギー源となるものなので、ついつい多く摂取してしまいがちです。 しかし、炭水化物の摂取量を減らしていくと、確実に体重を減らすことができるわけです。

食事に一工夫!

炭水化物は、大体の人たちにとって大好物であることが多いようです。ご飯は日本人の主食ですし、ラーメンやうどんが嫌いという人も少ないでしょう。しかし、 これらを無自覚に食べ続けていると、必ず太ってくることになります。もっとも、好きな商品の摂取を控えるのは簡単ではありません。炭水化物を減らすには、ちょっとした工夫が必要です。

食卓に、炭水化物以外の食品をできるだけ多く並べてみましょう。ご飯や麺類は少量にして、サラダなどをモリモリと食べる。すると、食欲を十分に満たしながら、 自然に体重を絞っていくことができます。「炭水化物は減らす、でも他のものはたくさん食べる」というように食事のバランスを工夫すれば、このダイエットはそこまで苦痛には感じないはずです。

危険! 炭水化物「抜き」ダイエット

炭水化物を敵視するあまり、食卓からごはんやパンを徹底的に排除してしまうと、これはとても危険です。上にも述べたように、炭水化物は体を作る成分です。欠乏すると、 思考力・集中力の低下を招きます。頭がフラフラとすることが増え、事故に遭ってしまうリスクも高くなります。あくまで「減らす」ことを目的として、ダイエットしましょう。

糖尿病の原因にもなる炭水化物…うまく付き合わなければ、健康を害してしまいます。あまり肥満が気にならない、という人も、摂りすぎは禁物です。この成分を含有する食品を頭に叩き込んで、 なるべく摂取を控えていくようにしましょう。「排す」のではなく「減らす」だけならば、決して難しいダイエットではないはずです。

食事や運動のカロリー計算はこちら

Recommend