Category : スリム体型で人生を豊かに

1週間で-5キロも夢じゃない!8時間ダイエット

ダイエットは明日から。この言葉でダイエットから逃げ続け、気付けば海へ行くまであと1週間。本当にあと1週間でなんとかやせなければならないとき、強い味方になってくれるのが8時間ダイエットです。

8時間ダイエットってどんな方法?

8時間ダイエットは1日に口にするものを8時間以内に食べきる、というもの。時間は朝9時から午後5時までか午前11時から午後7時までのどちらかの時間帯のなかで朝食から夕食までを終わらせる、という方法です。これより遅いと8時間以内で食べ終わっても脂肪分を蓄える働きをする成分が活発化してしまうため、あまり意味がありません。逆に早くし過ぎると空腹になり過ぎて夜も眠れないため、どちらかの時間帯を選んでください。

そして基本的に食べる内容に制限はありません。好きなものを好きなだけ食べてOKですが、決めた時間を過ぎたら食べものは一切口にしてはNG。どんなにお腹がすいてもがまんしなければなりません。ただ脱水の可能性があるので時間を過ぎても水分は積極的に取り入れましょう。もちろん飲むものは水や炭酸水など、ノンカロリーのものにするのを忘れずに。

8時間ダイエットでどうしてやせるのか

ではどうして8時間以内に食事を終わらせるだけでやせるのか。まず大きな要因となっているのが、食事の回数。8時間以内に、となるとどうしても朝昼晩、3食しっかり食べるというのは難しくなりますね。好きなだけ食べていい、といっても空腹を感じなければ食事も進みません。そのためやはり2食が限界になってきますので、自然と摂取カロリーが減るということです。

そして約16時間食べものを食べないということも、このダイエット法のやせる大きな要因となります。2食となって自然と摂取カロリーが減るうえに長時間食べものを食べないため、どうしてもエネルギーが不足してきます。そこで蓄えられている脂肪を燃焼させてエネルギーを作り出すためやせる、ということです。ちなみにその日食べたものを消化しきれないまま寝てしまうと、腹部やお尻の部分に脂肪がつきやすくなってしまうそうです。食後すぐに寝ると牛になる、なんて言葉もありますがあながちウソではないみたいですね。さらに消化器官を十分休ませることもできるため、体への負担を軽減できるメリットもあり、いいことづくめのダイエット法とも言えるでしょう。

そしてこのダイエット法を成功に導くカギは、早寝。早い時間に食事を終わらせてしまうため、寝る時間が遅ければ遅いほど空腹が強くなっていきます。やはり空腹のまま眠る、というのはツラいものがありますのでできるだけ早めに寝るのがおすすめ。やはり夜更かしをしているとどうしても夜中お腹がすき、ついカップラーメンなどを口にしてしまいますよね。しっかりと食事はとらないまでも何も口にしないまま夜更かしをし続ける、という方はあまりいないはずです。さらに夜更かしをすると体質的に肥満になりやすい傾向になる、とも言われているため8時間ダイエット中だけでなく日頃から早寝は心がけるのがおすすめです。

この方法はダイエットとしてだけでなく、健康法としても取り上げられ本も出版されている、かなり高い効果が期待できる方法です。ただ仕事上の付き合いなど、どうしても決めた時間を過ぎて食事を口にしなければならない機会が多い方にはなかなか難しいかもしれません。そうした付き合いがあまりない期間をねらい、上手に取り入れれば短期間で驚くような効果が得られるかもしれません。ぜひ試してみてください。

Recommend